Googleアドセンス

【一覧表】Googleアドセンスの収益とPV目安|月収10万円に必要なアクセス数は?

adsense revenue chart 1280x720 - 【一覧表】Googleアドセンスの収益とPV目安|月収10万円に必要なアクセス数は?

Googleアドセンスで月10万円の収益を得ようと思った場合、目安としてアクセス数がどの程度必要になるかご存知でしょうか?

もし知らなかったという場合はちょっと注意が必要です。

「ブログで月収〇〇万円」というゴールが決まっていてもそこまでの過程が不明瞭だと、途中で不安になり努力を継続するのが難しくなってしまいます。

マラソンでもゴールが見えないまま走り続けるのと、「今折り返し地点に到着した!」と現在地を知った上で走るのでは気持ち的に全然違いますよね。

アドセンスに取り組む場合も同じで、目標が決まった後は必要なアクセス数を把握して具体的にゴールまでの道のりをイメージできるようにしましょう。

この記事では目標金額別に必要となるPVの目安をまとめていますので、まだ知らなかった方は是非チェックしてみてください。

Googleアドセンスの収益額の計算方法

Googleアドセンス収益とPVの目安アドセンス収益とPVの関係を理解するために、まずアドセンスでどのように収益が発生するかを知るところから始めましょう。

アドセンスは「クリック報酬型広告」と呼ばれている通り、サイトに掲載した広告がユーザーにクリックされる度に報酬が発生します。

そのため収益額は以下の式で計算することができます。

アクセス数 × 広告クリック率 × クリック単価 = アドセンスの収益

仮にブログの月間PV数が30万、クリック率が2%、クリック単価が20円だとすると月間のアドセンス収益は「12万円」になります。

【例】 300,000 (PV) × 0.02  × 20 (円) = 120,000 (円)

Googleアドセンスの収益性の高さはRPMで分かる

ここまででアドセンスの収益は「アクセス数」と「クリック率」と「クリック単価」で構成されていることがわかりました。

ただ、ブログ運営でこれらの数字の変化を全て確認するのは大変なので、実際には「RPM(= ページのインプレッション収益)」という指標でブログの収益性を確認します。

RPMは1000アクセスあたりでいくらの収益が発生しているかを表した数字であり、アドセンスの管理画面で確認できます。

【一覧表】Googleアドセンスの収益とPV目安|月収10万円に必要なアクセス数は?

 

例えば、RPM400なら1000アクセスにつき400円の収益が発生している状態です。

目標収益額を達成するために必要なPV数はそのブログのRPMによって異なるので、RPMという言葉はぜひ知っておいてください。

RPMの向上はクリック率が鍵となる

RPMはアドセンス広告のクリック率とクリック単価で決定します。

クリック単価について少し発展的な内容になりますが、アドセンスには「スマートプライシング」という機能があり、ユーザーが広告をクリックした後の行動(商品購入、離脱など)によって広告単価を変える仕組みがあります。

Smart Pricing では、Google ネットワークのページでのクリックが具体的な行動につながるビジネス成果(オンラインでの売り上げ、登録、電話での問い合わせ、ニュースレターの購読申し込みなど)につながる可能性が低いと、Google 広告データから判断された場合は、そのページでの入札単価が引き下げられます。

引用:Google広告サポート

 

要は信頼される良いコンテンツならクリック単価が上がり、質の低いコンテンツだと離脱が増え単価が下がる仕組みだと思ってもらえばOKです。

ただ、この仕組みを利用して単価を操作するのはかなり難しいので、最初は良いコンテンツを作ることを意識しつつもクリック単価は操作できないと考えた方が無難です。

そのため、RPMを向上させるにはクリック率を改善するしかありません。

RPMの目安はブログのジャンルや時期にもよりますが、芸能や時事ニュースをテーマにするトレンドブログで考えると一般的なRPMは300~500くらいになります。

ここまでの簡単なまとめとして、アドセンス収益を伸ばすには「アクセス数」と「クリック率」を向上させれば良いということを覚えておいてください。

【一覧表】Googleアドセンスの収益額とPVの目安

ここからはGoogleアドセンスの収益額とPVの目安を見ていきましょう。

以下表はブログのRPM別に必要となるPVを一覧にしたものです。

Googleアドセンス収益とPVの目安

 

あなたの運営しているブログがRPM400だとすると、月収10万円稼ぐには月25万PV必要なことがわかります。

このように目標達成に必要なPVが分かったら、次はそれを行動に落とし込んでみましょう。

月収10万円を達成するには月25万PVが必要で、そのためには1日1万PVほど必要です。

「1日に1万PVはちょっと大変かも…」と思うかもしれませんが、初心者の方でも1日100PVを集める記事ならライティング力が向上すれば書けるようになります。

それなら1日100PVの記事を100記事書いて1日1万PVを目指す!といった感じで具体的な行動目標を決めていきます。

もちろん、上記はかなりざっくりとした設定なので実際はブログのアクセス状況を見ながら現実的に「目標まであと何記事必要か?」と考えていきましょう。

行動目標まで決まるとゴールまでの道のりが明確になり継続をしやすくなります。

Googleアドセンスの収益額とPVの目安を確認した後は、ぜひ行動目標まで設定してみてくださいね。

GoogleアドセンスのRPMを高めるためのポイント

ここからはアドセンスのRPMを高めるためのポイントについて解説していきます。

ブログ運営初期はとにかく記事作成に集中するのが良いと思いますが、月10万PVを超えてきたら収益への影響も大きいのでRPMの改善を意識しましょう。

とはいっても記事の前半で書いた通り、基本的にはクリック率しか改善できないのでここではクリック率を向上させるための基礎的なポイントをお伝えします。

広告がクリックされやすい掲載位置を知る

Googleアドセンス,広告の掲載位置クリックされやすい掲載位置にはきちんと広告を設置しておきましょう。

ブログでクリックされやすい掲載位置は以下の通りです。

記事の下、目次の上、見出しの上(記事の中)

特に記事下には「関連コンテンツ」と呼ばれるブログ内の関連記事と広告が混ざった広告ユニットを設置するようにしましょう。

Googleアドセンス,関連コンテンツ

 

WordPressのプラグインで通常の関連記事を表示していた方はアドセンスの関連コンテンツに変えるだけでクリック率は向上します。

ただし、関連コンテンツを使用するには一定の記事数とPVが必要となるので、まだ開放されていない方は焦らず記事作成に注力しましょう。

また、見出しの上に設置する広告が多いとユーザーの利便性が下がるので、

・見出し2つ毎に1つ広告を設置する
・本文3000文字で広告4つを目安にする

など自分でルールを設けるのが良いですね。

滞在時間が短い記事をリライトする

記事の滞在時間が延びるとクリック率が向上する傾向にあります。

そのためGoogleアナリティクスでPVの多い順に記事を並べ、その中で滞在時間が短いものを上からリライトしていくのが効果的です。

ただし、PVが少ないものは改善効果が薄いので上位3割だけリライトし、その他は触らず新しい記事作成に時間を割きましょう。

関連性の高い記事を増やして内部リンクを設置する

滞在時間を延ばすためにブログ内に関連性の高い記事を増やして、それらを内部リンクで繋ぐようにしましょう。

記事に有益な内部リンクを設置すれば当然滞在時間は延びやすいですが、トレンドブログを実践している場合は意外と関連性の高い記事が少ないこともあると思います。

トレンドブログであってもヒットした記事があったら、意図的に関連性の高い記事を増やして内部リンクを設置するところまでやりましょう。

まとめ

今回はGoogleアドセンスの収益とPVの目安や収益を改善するためのポイントについてお伝えしました。

月収10万円を目指す場合、必要なアクセス数はおおよそ20~30万PV/月程になります。

これからブログ収益化に取り組む方は是非この数字を目安に頑張ってみてください。

また、僕のメールマガジンではブログ収益化や外注化について詳しく解説していますので興味の有る方は下記から登録してみてくださいね。

PC1台で自由なライフスタイルを実現する無料メルマガ

RELATED POST