MENU
ツール

【要注意】Twitterアカウントの身バレしない設定方法|アドレス共有は絶対にしてはダメ

Twitterアカウント, 身バレしない

Twitterアカウントを持っている皆さんは”身バレ”について気になったことはありませんか?

身バレの原因や対策について気になったので、Twitterアカウントの身バレしない設定方法について詳しく調べてみました。

ここで言う”身バレ”とは教えていない知り合いにTwitterのアカウントが知られてしまうことを指します。趣味アカウントや副業のビジネス用アカウントなど、知り合いには絶対に身バレしたくないという人も多いですよね。

この記事では、そもそもどうして身バレが起きてしまうのか、そして身バレを回避する設定方法を解説していきます。ぜひ参考にしていただき、リスクなくTwitterアカウントを運用しましょう。

Twitterアカウントが身バレする理由

twitter identified 7 - 【要注意】Twitterアカウントの身バレしない設定方法|アドレス共有は絶対にしてはダメTwitterのアカウントが身バレする原因は「アドレス帳の連絡先をTwitterへ共有すること」にあります。

Twitterのアカウントを作成する時にはメールアドレスか電話番号に紐づける必要があり、そのアドレス・電話番号からアカウントが見つけられる機能(おすすめユーザー機能、通知)があるため身バレが起きてしまうのです。

そのため、身バレを防ぐには連絡先をTwitterに共有しないというのが大前提となります。

ここで、アドレス帳の連絡先をTwitterへ共有する操作は下記の2パターンがあります。

  • 自分自身のスマホに登録されているアドレスをTwitterへ共有する
  • 自分のアドレスや電話番号を知っている人がTwitterへアドレス共有する

アドレスが共有されている状態だとこれから説明する “きっかけ” で自分のアカウントがバレしてしまう可能性があります。

アドレス共有されていると起きる身バレのきっかけ

①「おすすめユーザー」に表示される

twitter osusume user - 【要注意】Twitterアカウントの身バレしない設定方法|アドレス共有は絶対にしてはダメ

これは良く自分のアカウントでも見かけると思いますが、アドレス帳から共有される連絡先に紐づくアカウントを「おすすめユーザー」として紹介してくれる機能があります。

ということは、自分の連絡先を知っている人がアドレス帳をTwitterに共有すると自分のアカウントが相手の「おすすめユーザー」として紹介される可能性があるということです。

※おすすめユーザー機能は連絡先からだけでなく趣味嗜好や住んでる地域からも選ばれます。

②アカウント作成時に通知が行く(通知ONに設定している相手へだけ)

Twitterのプッシュ通知またはメール通知をONに設定していると、連絡先に登録している友人がTwitterを始めた時に通知で知らせてくれる機能があります。

つまり自分がTwitterを始めた場合も、アドレスを知っている友人に通知されてしまうということです。

このようにアドレス帳の連絡先をTwitterへ共有していると、自ら教えなくてもアドレスや電話番号から自分のアカウントが身バレしてしまうことがあるのです。

Twitterアカウントを身バレしない設定に変更する

上記で説明してきたように、身バレを防ぐ方法としては「アドレス帳の連絡先のTwitterへの共有」を停止することです。

既存アカウントで既にアドレス帳を共有している場合でも、すぐに削除することができるのでこれから紹介する方法で確認してみてくださいね。

また、新規アカウント作成時の設定についても合わせてご説明していますのでそちらをご確認ください。新規アカウント取得時の手順では、身バレ設定は見落とされがちだと感じたのでよく確認してくださいね…!

設定方法はTwitterアプリまたはブラウザから行えますが、この記事ではiPhoneでのツイッターアプリでの画面イメージで説明を行います。ただ、iPhone・Androidどちらでも基本的に同様の操作となります。

現在使用しているアカウントでの設定方法

アプリまたはブラウザでTwitterを開き、プロフィールアイコンをタップしてメニューから「設定とプライバシー」を選択して「プライバシーとセキュリティ」>「見つけやすさと連絡先」と進みます。

twitter identified 1 - 【要注意】Twitterアカウントの身バレしない設定方法|アドレス共有は絶対にしてはダメ

「見つけやすさと連絡先」の画面では以下の設定を行ってください。

  • メールアドレス・電話番号の照合と通知の許可をオフ
  • アドレス帳の連絡先の同期をオフ
  • 全ての連絡先を削除
twitter identified 2 - 【要注意】Twitterアカウントの身バレしない設定方法|アドレス共有は絶対にしてはダメ

メールアドレス・電話番号の照合と通知の許可
  メールアドレスや電話番号からアカウントを照合することの許可を切り替えます。

❷ アドレス帳の連絡先の同期
  アドレス帳との連絡先の同期のオン/オフを切り替えます。
  オフにしてもアップロードした連絡先は消えないので注意してください。

❸ 全ての連絡先を削除
  アドレス帳と同期してアップロードした連絡先を削除します。

以上で、Twitterアカウントに紐づいたアドレス・電話番号から身バレしてしまうことを防ぐ設定が完了しました。

新規でアカウントを作成する時の身バレしない設定

続いて新規アカウントを作る際に身バレをせずに始める設定方法を説明します。

もちろん新規作成後に身バレしない設定に変更することもできますが、友人の設定によってはアカウントを作成した瞬間に通知が行ってしまう可能性もあるので、初めから設定しておくことをオススメします。

では早速手順を見ていきましょう。

新規アカウント作成画面でアカウント名とアドレスまたは電話番号を入力して「次へ」を選択し、環境カスタマイズ設定はどちらでも良い(後から変更可)ので「次へ」を選択します。

次の画面ではもう登録が完了しようとしていますが、ここでは「登録する」はまだ押さずに「プライバシーの設定」をクリックします。小さい文字なので見逃さないように要注意です…!

twitter identified 3 - 【要注意】Twitterアカウントの身バレしない設定方法|アドレス共有は絶対にしてはダメメールアドレス・電話番号の照合と通知の許可はオンの状態になっているので、両方ともオフへ変更し、「完了」をクリックします。

twitter identified 4 - 【要注意】Twitterアカウントの身バレしない設定方法|アドレス共有は絶対にしてはダメ

画面が戻るので「登録する」をクリックすると、身バレしないアカウントの作成の完了です。

ここまで身バレ防止のために設定でアドレス帳の連絡先の共有を行わないという方法を説明してきましたが、Twitter用に新規取得したアドレスに紐づけてアカウントを作成するという方法もあります(既存のアカウントも登録アドレスや電話番号を後から変更することもできます)。

身バレしたくないアカウントを新規で作成する方は、Twitter登録用の新しいアドレス取得をぜひ検討してくださいね。

まとめ

この記事ではTwitterアカウントの身バレしない設定方法をご紹介しました。

知らずのうちにアカウントが身バレしやすい設定になっているとしたら恐ろしいですよね…。設定はすぐに変更できますので、気になる方は念のために一度自分のアカウントを確認してみることをオススメします。

また新規にアカウント取得をする予定の方は、Twitter登録用のアドレスを取得してから説明した手順でアカウント作成&設定をしてみてくださいね。

身バレしにくい設定をきっちり行って、安心してTwitterを楽しみましょう!

PC1台で自由なライフスタイルを実現する無料メルマガ

『ブログ×外注化』で月30万円を稼ぎ、独立起業するための思考や情報を学ぶメールマガジン
無料登録はコチラ
ブログで月40万円を稼ぎ、自由なライフスタイル目指す無料メルマガ
登録はコチラ