ツール

GoogleドライブとMacのフォルダを同期する設定方法

Googleドライブ,Mac,フォルダ同期
PCのデータをクラウドにバックアップ、または一部を同期しておくとPCが壊れたときやファイルを共有する際にすごく便利ですよね。
 
僕はMacを使っているのですが特に使いやすいと思うのはGoogleドライブで、PCの好きなフォルダだけ自動でクラウド内に同期してくれる便利な設定があります。
 
この設定のおかげで必要なデータのみをクラウドに上げられるので余計な容量も使いませんし、セキュリティー的にも安心なんですよね。
 
この記事ではGoogleドライブとMacのフォルダを同期する設定方法をまとめましたので、これから設定する方は是非参考にしていただけたら嬉しいです。

Googleドライブとは?

GoogleドライブとMacのフォルダを同期する設定方法
 
Googleドライブは様々なデータを保存・共有・アクセス出来るクラウドサービスです。
 
 
パソコンからだけでなく、アプリをダウンロードすることでAndroid端末やiOS端末からもアクセス出来ますし、Googleのアカウントさえあれば15GBまで無料で使えます。
 
重要なデータのバックアップ用や、パソコンとスマホでのデータ共有用にも使えますし、Googleドライブ上にあるデータはダウンロードせずに見ることが出来るので、他の人との共有にも簡単に導入できます。
 
ちなみに、状況にもよりますがビジネスシーンでは相手に重いファイルをわざわざダウンロードしてもらい、資料を読んでもらうのはあまり好ましくない場合もありますよね。その際はGoogleドライブで閲覧できる状態で共有すると非常に便利です!

Googleドライブを利用するメリット

Dropboxなど無料で使える個人向けのクラウドサービスは他にもいくつかありますが、なぜGoogleドライブをオススメするのか?をご説明します。

フォルダを指定して同期できる

Googleドライブのおすすめポイントは指定したフォルダのみを自動で同期できる点です。
 
他のストレージサービスではインストールと共に同期用フォルダが作られることが多く、バックアップしたいデータをそこへ移動やコピーをする必要があります。
 
しかし、Googleドライブでは好きなフォルダを選んで同期設定をすることができ、そのフォルダに保存するだけで自動的にGoogleドライブにバックアップされます。
 
この指定フォルダの同期設定はMacでもWindowsでも同じように設定可能です。
 
実際に使用してみるとわかりますがこの機能が本当に便利で、PC内のフォルダ構成を変えずにすぐにGoogleドライブを使用できるんです…!
 
例えば、スマホで撮ったブログ用写真をGoogleドライブにアップロードすれば、PC上で同期された「ブログ画像フォルダ」に保存されるので、PCでブログを書く際にファイル移動なく使用できてすごく便利です。

その他のクラウドサービスとの比較

他のクラウドサービスと無料アカウントの容量を比較してみても、Googleドライブが最も容量が大きいことがわかります。
 
容量だけでもGoogleドライブを選ぶ理由になりますが、普段Gmailやスプレッドシートも使用している方はアカウント管理の観点からもGoogleドライブ一択だと思います。
 
ストレージサービス無料容量同期の方法
 Googleドライブ15GB任意のフォルダを選んで同期
 Dropbox2GB専用フォルダのみ同期
 Microsoft OneDrive5GB専用フォルダのみ同期
 iCloud Drive5GB「デスクトップ」または「書類」フォルダを選択して同期

GoogleドライブをMacのフォルダと同期する設定方法

ここからはMacにGoogleドライブをインストールして、好きなフォルダと同期設定をするまでの手順をご紹介していきます。

ダウンロードおよびインストール

1. Googleドライブのダウンロードページにアクセス

 
▼「ダウンロード」をクリック
GoogleドライブとMacのフォルダを同期する設定方法
 
▼「同意してダウンロード」クリック
GoogleドライブとMacのフォルダを同期する設定方法
 
インストーラー InstallBackupAndSync.dmg がダウンロードされます。
 
※ Windowsの場合は InstallBackupAndSync.exe がダウンロードされるので同様に進めてください
 

2. インストーラーを実行

InstallBackupAndSync.dmg を実行しインストールしてください。
 
▼バックアップと同期 アプリがインストールされます
 
GoogleドライブとMacのフォルダを同期する設定方法

同期設定

1. バックアップと同期 アプリ を実行

▼アプリが立ち上がったら「使ってみる」をクリック
GoogleドライブとMacのフォルダを同期する設定方法

2. Googleアカウントでログイン

Googleアカウントを持っていない方はこちらから作成してください。

GoogleドライブとMacのフォルダを同期する設定方法

3. ドライブに同期するフォルダの指定

▼「OK」をクリックしてフォルダの選択をします

GoogleドライブとMacのフォルダを同期する設定方法
※ デフォルトでは「画像」「デスクトップ」「ドキュメント」が選択されています
 
 
▼好きなフォルダを選び、不要であれば他のチェックは外します
 
GoogleドライブとMacのフォルダを同期する設定方法
フォルダの指定以外にも設定で選べる項目があります。
 
❶ 写真と動画のアップロードサイズ
 

高画質(優れた圧縮形式)

  • 無料、容量無制限
  • 写真サイズが16MP(メガピクセル)以上の場合、16MPまで写真が圧縮されて保存
  • 動画の解像度が 1080p以上の場合は、1080p(高画質)に調整

元の画質(元の解像度)

  • 無料で利用する場合は容量制限あり
  • 写真や動画はすべて、撮影時と同じ解像度で保存
  • 大判写真の印刷に最適

❷ Googleフォトへのアップロード

チェックを入れると、写真と動画はGoogleフォトにもアップロードされます。
 
選択フォルダと❶❷のチェックが問題なければ「次へ」をクリックします。
 
 

4. Googleドライブのマイドライブの同期設定

Googleドライブをすでに使っている人は、Googleドライブ上の「マイドライブ」にデータが入っています。それをパソコンへ同期するかの設定を行います。
 
▼「OK」をクリック
GoogleドライブとMacのフォルダを同期する設定方法

 ❶マイドライブの中のデータをパソコンに同期しない場合はチェックを外してください。

 ❷同期する場合は「すべてのフォルダ」もしくは任意のフォルダを選択してください。

 
 
上記の選択をしたら「開始」をクリックし、同期を開始します。
 
以上でMacの指定フォルダとの同期設定は完了です!
 
 

5. 最後に確認してみましょう

Googleドライブ にアクセスします。

GoogleドライブとMacのフォルダを同期する設定方法
 
確認すると選択した「同期したいフォルダ」だけがクラウド内に同期されています。
 
GoogleドライブとMacのフォルダを同期する設定方法
 
 
パソコン上で同期フォルダ内のファイルを編集したら、クラウドにも変更が反映される場合、常に最新のデータがGoogleドライブに上がっていることになります。
 
iPhoneやスマートフォンにGoogleドライブアプリを入れておけば、そこからも最新データをすぐに確認することができて便利なのでオススメです。
 

まとめ

この記事ではGoogleドライブとMacのフォルダを同期する設定方法を紹介しました。

Googleドライブでは好きなフォルダのみを同期する設定ができて便利ですし、クラウドを使用することでファイル移動のストレスはかなり無くなります…!

導入も簡単ですし、Googleアカウントさえあればすぐに利用できるのでさっそくMacのフォルダで同期設定してみてくださいね。

PC1台で自由なライフスタイルを実現する無料メルマガ

RELATED POST
『ブログ×外注化』で月40万円を稼ぎ、独立起業するための思考や情報を学ぶメールマガジン
無料登録はコチラ
ブログで月40万円を稼ぎ、自由なライフスタイル目指す無料メルマガ
登録はコチラ