キャリアと起業

独立したいけど踏み切れない!そんな人が今すぐ手放すべき3つの常識

こんにちは、YOTAです。

最近はSNSなどで独立している人を見かける機会も増えてきたので、

「自分も独立したい。けど、なかなか踏み出せない。」

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな悩みを解消し、独立のための一歩を踏み出すための考え方をお伝えしていきます。

僕自身は29歳になる年に会社を辞めてフリーランスとして独立しましたが、それまでは超安定志向で世間体や常識に縛られてなかなか独立の勇気が出ませんでした。

ただ、どうしても独立したかったので既に独立して成功されている方のオンラインサロンやブログで学び、自分の考え方を変えることに努めました。

そして2020年に独立し、今はブログ運営やWEBコンサルを仕事にして自分の好きな時間にカフェや自宅で自由に働けるようになりました。

このような経験を踏まえ、今回は特に大事だと思っている

・独立したいなら今すぐ手放すべき3つの常識

という内容をお伝えしていきます。

不要な常識を捨てて、少しでも多くの人がもっと自分が幸せになれる選択をできるようになって貰えたら嬉しい限りです。

YOTA
YOTA
常識は時として毒にもなり得ます。「独立したいけど、、」と悩んでいる方はぜひ続きを読んでみてください。

独立したいけど踏み切れない原因とは?

独立したいけど踏み切れない

色々あるとは思いますが、今回は3パターンに分けて考えていきたいと思います。

【独立を踏み切れない原因】

  1. 会社員を辞めるリスク
  2. どうやって独立すれば良いのか分からない
  3. 世間体が気になる

僕が独立するか悩んでいた頃はこれらが気になってしょうがなかったです…笑

独立して得られるリターンも大きいですが、一方でリスクがあるのも事実です。フラットな視点でメリット・デメリットを整理して考えていきたいですよね。

ただ、今振り返ってみると独立を検討する上でこのような常識に本当に不要でした。
 

【不要だと思う常識】

  1. 会社員は安定という常識
  2. 独立にはお金やアイデアが必要という常識
  3. 優秀/マジメじゃないといけないという常識

常識は知っておくべきとは思いますが、それに縛らすぎて正しい判断ができないのは本末転倒ですよね。

この記事を読んでくださった方には悩み立ち止まって欲しくないので、早めにこういった常識から解放されて欲しいと思っています。

僕自身もこれらの常識を勇気を持って手放したことで、独立の一歩を踏み出すことができました。

それだけでなく、常識を捨てて自分の本当にやりたい仕事だけに集中できるようになったので以前よりも前向きに働けるようになった実感があります。

もちろん人によって大事にしている価値観は違うので、あくまでもひとつの意見として捉えて頂ければと思います。

それではここからは手放すべき常識について解説していきます!

会社員は安定という常識

独立したいけど踏み切れない

この常識はもう今すぐに捨て去ったほうが良いです…!

もちろん毎月決まった額の給料を頂けるのは素晴らしい仕組みではあります。それに「良い会社に入ったから一生安泰!」と思いたい気持ちもすごくわかります。(自分はそのタイプでした。笑)

ただ、一方で日本の会社の実質的な給料や退職金が過去30年間で下がり続けている事はデータとしても出ています。

例えば、1990年代と直近の給料・退職金の額を比べる一目瞭然です。

  • 平均給与:455万円(1990年代)→418万円(直近10年間) ※1
  • 平均の退職金:2,871万円(1997年)→1,983万円(2018年) ※2

    ※1:国税庁「民間給与実態統計調査」より
    ※2:厚生労働省「賃金労働時間制度等総合調査(1997年)」より

YOTA
YOTA
昔と違い会社で働き続けても豊かになれない時代になってきています。

僕自身、新卒で安定している通信系の大手企業に就職しましたが、それでも給料は年々じわじわと下がっており「本当にもう普通に働くだけじゃ豊かになれないんだな」と実感した経験があります。

そして言うまでもなく物価と税金が上がり続けているので、実質的な可処分所得は30年前と比べて100万円近く下がったと言われています。

こんな世の中なので、会社しか収入を得る手段がないのは本当にリスクがある状態です。

ただ、だからと言ってすぐに会社を辞める必要はありません。まずは副業から始めてトータルの収入を増やしていき、その上で独立するか判断すれば良いと思います。

独立したいけどなかなか踏み切れないという方は、まずは副業から始めてみてくださいね!

YOTA
YOTA
会社の給料を月5万円上げるよりも、副業で月5万円稼ぐ方が遥かに簡単です

お金やアイデアが必要という常識

独立して自分でビジネスをするために、大きな資金や斬新なアイデアが必要と思っている方は多いかもしれません。

でも、サイト運営やSNS運用なら月数千円の初期費用(もしくは無料)でビジネスを始めることができます。また、斬新なアイデアも不要です。

僕自身も以前は「独立するには特別なスキルやアイデアが必要なのだろう」と思っていた時がありました。ただ、実際に自分でブログやWEB集客の仕事をやってみるとそれらが必要ないことを強く実感しました。

というか、今となってはビジネスにオリジナリティは不要だとすら思っています。笑

それよりも大事なのは「行動力」です。

今はリスクなくビジネスが始められる時代ですし、既に成功していて参考となる人もたくさんいます。

後はブログやSNSの発信から情報を得て、どんどん行動に移して前向きな失敗を繰り返しながら成果を目指しましょう。それにサイト運営やSNS運用なら失敗しても何も失いませんので!

YOTA
YOTA
リスクなく誰でも始められ、独立を目指すことができるビジネスを選びましょう。

優秀/マジメじゃないといけないという常識

独立したいけど踏み切れない

会社員たるもの優秀な人材であるべきだみたいな常識は、早い内に捨てたほうが良いです。

仮に優秀/マジメであったとしても人と比較してばかりで疲れてしまったり、あるいは本当にやりたい事を抑えているのであればそれは幸せな人生と言えるでしょうか?

もちろん、それでも会社員として優秀であろうと努力するのは立派だと思います。

ただ、多くの人はこれから定年までにまだ何十年もあるので、もっと自分らしく働けて経済的にも精神的にも幸せになれる方法を模索してもいいと思うんです。

YOTA
YOTA
自分はごくごく普通の人間だったので、優秀な会社員にならないといけないという常識にずっと悩んでいました。

学生から会社員になるまで僕らは常に人と比べられ、優劣をつけられます。

その競争に勝つことを目指しても良いですが、その結果として自分が幸せにならないと全く意味がありません。

優秀な会社員を目指して消耗していた頃の話

ここからは、僕が優秀な会社員を目指して消耗していた頃の話を少しだけしたいと思います。

当時は仕事で成果を出すことで安定した豊かな生活ができると思っていたので、優秀な会社員になることを目指していました。

そこで新卒の頃に『社会人1年目の教科書』という本を読み、とにかく誰よりも早く行動することや雑用を巻き取ることが大事と学んだので、

  • ITの資格を誰よりも早く10個以上を取得
  • 休日出勤/夜勤は進んで引き受ける
  • 朝は誰よりも早く出社する
  • 飲み会やイベント毎の幹事も進んで引き受ける

ということを入社して3年間は出来るだけ実践していました。
(若手なら当たり前かもしれませんが…!)

その結果、時には上司に褒められることもありました。

でも、正直に言って自分の人生は1mmも良い方向に変わっていきませんでした。

まず、いくら休日やプライベートの時間を使って資格を取得してもお給料は当然変わりません。

もちろん自己研鑽は自分のためにやるべきですが、それでも仕事で全く使わない資格も多かったので「本当にこの努力は意味があるのだろうか?」と思っていたのも事実です。

また、飲み会は年末年始になると週に何度もあり、当時は幹事をすることが多かったので帰るのはいつも終電ぎりぎり。

深酒が苦手なだけでなく、真冬だったのでダウンジャケットを着込んでぶるぶると震えながら満員電車に駆け込み、朝は一番に出社するという生活はシンプルにきつかった。

これだけ言うとゆとりだと思われるかもしれませんが、まだ若手の方だったので飲み会の出費が重なるのは金銭的にも厳しいものがありました。

それにアラサーにもなると友人の結婚式に呼ばれる機会も増えます。それ自体は本当に嬉しかったけど、その一方でお財布の心配をしてしまう自分が情けなくもありました。

こんな感じで消耗し続けた会社員生活を送った結果、

あと何十年も会社で働き続けても自分は幸せになれない

と実感し、優秀な会社員を目指すのを辞めて独立しようと思うようになりました。

優秀な会社員を目指すのを辞めたら、余裕ができてスムーズに独立できた

独立したいけど踏み切れない

独立を決めてからはとにかく不要な飲み会や付き合い、資格取得、残業などは理由をつけて断るようにしました。

ちゃんと理由を考えて伝えれば理解してくれる人がほとんどでしたし、「断っても意外と何とかなる」と気づけたことで一気に会社員生活が楽になりました。

また、時間に余裕ができたので独立の準備(副業など)を進めることもできました。

ある時は「明日は副社長が来るから飲み会に来てね」と上司に言われたときも、理由をつけて丁寧に断り、帰りのカフェで副業のブログ更新をしていました。笑

会社員の常識で見ればアウトかもしれませんが、その行動の結果として1年半で独立することができたので常識を捨てて良かったなと心底思います。

もちろん、状況にもよりますが会社員としての常識を捨て、自分が幸せになるための行動をするという考え方もあるという事が伝われば嬉しい限りです。

まとめ

今回は独立したいけど踏み切れない方向けに、今すぐ捨てるべき常識をお伝えしていきました。

【独立するために捨てるべき常識】

  1. 会社員は安定という常識
  2. 独立にはお金やアイデアが必要という常識
  3. 優秀/マジメじゃないといけないという常識

常識を知ることは大事ですが、それに縛られて自分が幸せになれないなら意味がありません。

ぜひ自分が幸せになれる選択をできるようになりましょう。

また、この記事が不要な常識を手放し、独立への一歩を踏み出すきっかけになればと願っています!

 
▶ 次に読みたい記事

会社を辞めるにはどうすれば良い?ブログを副業にして独立するまでの4STEPを紹介
会社を辞めるにはどうすれば良い?副業でブログをして独立するまでの4STEPを紹介仕事が辛いときや将来に不安を感じたときに『会社を辞めたい』と思ったことは、誰しも一度はあるのではないでしょうか? でも、会社を辞めて独...
YOTA
YOTA

僕は現在、ブログ運営をきっかけに独立してPC1台で自由に働いています。でも、それまでは世間の常識通り少しでも良い会社に入って安定を目指す人生でした。

でも、いつしか「働く時間も収入も全て決められた人生」に報われなさを感じるようになっていきました。この生活は本当に幸せなのだろうか、と。

そんな人生を変えるために独立し、今はブログで得たWEB集客やマーケティングの知識を活かして個人でコンサルとして仕事をしています。

働く時間や場所を自由に選べる。そして何より仕事に充実感があり、人生を今まで以上に楽しめるようになりました。

超安定志向だった僕が社会のレールを外れてどうやって独立したのか?

上記フォームから登録できる無料メルマガで紹介しています。

プロフはこちらに掲載しています >> YOTAのプロフィール

関連記事
ブログを使って"会社以外でも働ける"ようになる方法
詳細をチェックする
ブログを使って在宅でも月30万円稼げるようになる方法
詳しくはこちら