MENU
マインドセット

プレゼンが苦手な人によくある理由と僕が克服するためにした3つの練習方法

プレゼン, 苦手, 理由

僕は小さい頃からプレゼン…というか人前で話したり、自分の意見を自信を持って発表するということがすごく苦手でした。

物事を深く考えるのは好きだったけど、それを改まってプレゼンとして表現するとなると全く別のコトで、緊張して話が冗長になったり、資料の文章をなぞるだけになったりと冴えない感じになってしまうんですよね。

だから、学生時代はグループワークとかでもプレゼンは上手そうな人に任せてたし、経験を積まないから全然上達しないというサイクルに入っていました。

当時は自分がプレゼンを苦手な理由が分かっていなかったし、そもそも「プレゼンが上手い人は元から上手いんだ」みたいに思い込んでいる節も、正直ありました。

そんな僕が学会や会社で自信を持ってプレゼンできるようになったのだから、我ながら随分変わったなと。

今回は、プレゼンが苦手な人によくある理由や僕が克服するために行った、誰でもできる3つの練習方法を自分の体験と交えてご紹介します。

プレゼンが苦手な人によくある理由

プレゼンが苦手な人によくある理由と僕が克服するためにした3つの練習方法

プレゼンの準備不足による緊張

多くの人がプレゼンが苦手な理由は単純に準備不足、そしてそれに伴う緊張だと思うんですよね。

プレゼンって資料を作る際はものすごく表現にこだわったり、時間をかけたりするんだけど資料が完成した後は達成感もあり、あまり発表練習に時間をかけないケースって意外と多いと思います。

『スライドを見ながらなら何とか時間内に話せるかな…』
『でも、スライドに書いてあること以外を質問されたらキツイかも』って感じで。

そんな状態でプレゼンに臨むものだから、始まる前から不安と緊張で一杯になるのも当たり前ですよね。

ちなみに、驚異的にプレゼンが上手いスティーブ・ジョブズはプレゼンの何週間も前から練習を始め、1日2回のリハーサルを2日間行うくらい周到に準備をしていたと言われています。

プレゼンが上手い人は何もしなくても上手なのではなく”ちゃんと準備している”から上手いというのは当たり前ですが大事なコトですよね。

経験不足のため立ち振舞いがわからない

これも非常に大きいと思います。そもそも高校生までプレゼンの機会なんてあまり無いのに、大学生や社会人になると一気に機会が増えますよね。

僕なんかまさにこのタイプで、中高時代は特に役職的なものに就いていなかったので、ちゃんと何かを発表する機会が本当に少なかった。(というか避けていました)

だから、大学入学後に授業でプレゼンはたくさんあったけど、上手くやるための立ち振舞いが分かっていなかったし、間違えたりして周りに『あっ…』って思われたらイヤだなみたいな気持ちがあったから、只々無難にやり過ごす様にしていました。

でも、そういうプレゼンをしていてもいつまで経っても全然上達しないので『発表どうだった?変じゃなかった?』みたいに周りから意見をもらってどんどん前向きに改善していく方が絶対有意義ですよね。

プレゼンで多少失敗しても周りは思ったよりも気にしていないし、そもそもそれで何か言ってくる人は友達とは言えないので、気にせず距離を取ればOKですからね…!

成功体験がないから自信がない

プレゼンが苦手な人によくある理由と僕が克服するためにした3つの練習方法

自信って成功体験や実績などの根拠からくるものも大きいので、一度目の成功体験を得るまでは自信がないという人はすごく多いはず。

でも、それって一般的な感覚だと思いますし、最初は自信がなくて当然なのです。

その代わり、自転車と同じで一度乗れるようになったら次からは思ったよりもスイスイいけちゃうものです。

なので、現時点でプレゼンに自信がない人は、まず1回本気で準備して小さくてもいいので成功体験を積むこと。これが一番の近道だと思います…!

苦手なプレゼンを克服するための3つの練習方法

各スライドで話す内容や補足情報を徹底的にまとめる

話す内容がちゃんと整理できていないと考えながら発表することになり、当然プレゼンは上手くいきません。

僕がそうなんですが、資料を作っているときって話の流れと見やすさを重視しているので、詳細な内容はまだ詰めていなかったりするんですよね。締切があるのでとりあえず資料を完成させることを優先してしまっているというか。

だから、資料を完成させた後はきちんと各スライドで、どのような事をどんな流れで話すかということ整理する必要があります。具体的には以下2点を文章に起こします。

・そのスライドで話す内容
・話さないけど質問された時に答える内容(補足情報)

ここまでやっていたら基本的に知識面での対策はバッチリです…!知らないことはどうやっても答えられないので、ここは確実に対策しましょう。

発表練習を最低3回はすること

知識面の準備ができたら次は”発表方法(=文章の暗記、発声)”の練習をしましょう。

話す内容が決まっていても、練習をしていないと案外スムーズに発表できないものです。それに文章に書き起こした内容を声に出して耳でも覚えることで、よりプレゼン内容の暗記や理解が進みます。

僕は発表練習は最低3回、大事なプレゼンのときは5回はやるようにしています。ここまでやっていると本番でどれだけ緊張しようと、喋り始めたら最後まで言葉が出てくるんですよね。

あんなに苦手だと思っていたのに、自然と口から言葉が出てきて自分でも驚きでした。

本番前に友人や上司にプレゼンを見てもらうこと

プレゼンが苦手な人によくある理由と僕が克服するためにした3つの練習方法

徹底的に準備をしたら、最後は客観的に自分のプレゼンがどう見えるかを知りましょう。

自分が意識しているところと相手が気になる点って案外違うんですよね。僕も大事なプレゼンの前には他者に見てもらうようにしていましたが、

「発表はスムーズだけど抑揚が少ないからどこが重要か分かりづらい」
「レーザーポインタで指すとき、地味に焦点が動いていて気になる」

みたいに自分では全然気づけていなかった点を教えてもらうこともありました。レーザーポインタの指し方なんて普通意識しないですよね…。

でも、言われてみると確かに発表中にレーザーポインタをクルクルさせている人って多いんですよね。笑

最終的にプレゼンの出来栄えは他者が判断するので、大事なプレゼンこそ人の意見を仰ぎたいものです。

実際にプレゼンを克服した体験談

僕自身、大学生になってもプレゼンは苦手なままだったのですが、すごく厳しい教授の授業でプレゼンをしなくてはならない機会がありました。

当時は本当にプレゼンに苦手意識があったので、その授業を取ったことを正直後悔していました。できることならプレゼンを避け続けていきたかったと。

でも、人前で失敗したり怒られるのは絶対に嫌ですし、中途半端な発表で逃げ切れそうにもなかったのでとにかく準備に時間をかけたんですよね。

それこそ発表練習だけでなく予想QAも10個くらい用意して、本番前には先輩に見てもらってアドバイスも踏まえた上で臨みました…。そしたら思ったよりも上手く発表できて、厳しい教授からも『わかりやすかった』と言ってもらえたんです。

そのときに『あ、苦手でもちゃんと準備すればできるんだ…!』とやっと気づけました。

そこからはプレゼンの準備の仕方も分かってきて、ちゃんと自信を持って発表できるようになりました。海外の国際学会で発表したり、就職活動で自分の強みをプレゼンしたりと少しずつ成功体験を増えていきました…!

もちろん、元から上手いわけではなかったので、ちゃんと準備をしないと上手くいかないかもしれないので気は抜けませんが。笑

まとめ 〜プレゼンが苦手な人こそ〜

プレゼンが苦手な人によくある理由と僕が克服するためにした3つの練習方法

仕事をしていく上でプレゼンは基本的には避けられないし、むしろ仕事の評価に直結することも多いです。

でも、思ったように発表できなかったり、プレゼンに対してなかなか苦手意識が抜けない人も多いと思います。

ただ、それは準備不足と成功体験による自信が足りないだけなので、誰でもやるべきことをやればちゃんと上手くプレゼンすることができます。

『プレゼンが苦手なので避ける。だからいつまで経っても上手くならない。』

そんなサイクルに陥っている人こそ”まずは一回”本気で準備してみて成功体験を掴んでみていただければと思います…!

この記事でご紹介した内容は今すぐにできることばかりなので、是非思い切ってやってみましょう。

PC1台で自由なライフスタイルを実現する無料メルマガ