MENU
マインドセット

テラスハウス 渡邉香織の経歴から見る夢を叶える仕事観

テラスハウス, 渡邉香織, 経歴

僕はNetflixの『テラスハウス』という番組がすごい好きなんですけど、この番組で人気がでる出演者って独自の仕事観を持っている方が多いですよね。(半田悠人さんとか)

2019年9月時点でテラスハウス東京編に出演していて、すごく人気を集めているイラストレーターの渡邉香織(わたなべかおり)さんもその一人です。

渡邉香織さんは経歴がすごいエリートなのにも係わらず、大手企業を退社してフリーランスになりました。しかし、今では”HERMES(エルメス)”との仕事の話が出ているほどテラスハウスの出演をきっかけに自身の好きだったイラスト分野で成功を掴みつつあります…!

【渡邉香織さんの経歴】

2009年 カナダ オーク・ベイ・セカンダリースクール(高校) 卒業
2010年 慶應義塾大学総合政策学部 入学
2014年 国立パリ第一大学芸術学部 留学
2015年 慶應義塾大学総合政策学部 卒業
2015年 外資系企業で会社員(2社)
2017年 フリーランスのイラストレーターとして独立

そんな渡邉香織さんが世間の人気を集めている理由の1つに「彼女の仕事観に共感する人が多い」ということがあげられると思います。

僕自身、学生時代に起業するなど自分の好きなことを仕事にしたいと思ってきた人間なので、渡邉香織さんが大きく描いた夢を掴む姿はとても勇気付けられました。(本作では”HERMES”と仕事をするのが夢だったと語られています)

同じ様に渡邉香織さんのみたいに「好きなことを仕事にして成功したい」と考えている若者って多いと思うんですよね…!

この記事では渡邉香織さんどのようながキャリアを選び、成功してきたのか?を紐解きつつ、我々が渡邉香織さんと同じ様に自分の好きな仕事で成功していくにはどうすれば良いかを考えていきたいと思います。

主観も多分に入りますが、参考にしていただけたら幸いです。

『後悔している』と語る会社員生活

worker - テラスハウス 渡邉香織の経歴から見る夢を叶える仕事観

渡邉香織さんはSNSでは“夢番人”と言われるほど、番組内でも夢の話になると熱く語ったり、少しキツめに諭すシーンが多々見られます。

渡邉香織さんは大学卒業後、自分の夢であるイラストレーターになるか、安定した会社員になるかで悩んだ末に会社員になることを選択します。しかし、結局自身の夢を諦めきれず、会社員は3年目で辞めてイラストレーターのフリーランスになります。

この様な背景もあり、同じテラスハウスの共演者との会話で夢の大切さについて、

『自分の夢を選ばず、会社員として過ごした3年間を後悔している。』
『だからこそ好きなことができる今の仕事を大切にしたい。』

と語っています。

タレントである渡邉香織さんですら自身のキャリアに後悔し、夢を掴むまでにこんなに苦労をしているんだ、と共感する人も多いのではないでしょうか。

また、個人的には「会社員生活を後悔している」という若干ネガティブな意見をテレビで臆せず言える強さが素敵だなと思いました。だって、恐らく多くの人がこういうことを思っていても表立った場所では言い辛いですもんね。

副業で始めたイラストレーターで成功のきっかけを掴む

どうしても自身の夢を諦めきれなかった渡邉香織さんは、会社員として働きつつ副業でイラストレーターの仕事を始めます。

SNSでイラストを公開しつつ、ファッション誌やブランドとのコラボレーションなどこの頃からマルチな才能を開花させます。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

GINZAにて渡部かおりさん(同姓同名!)の新連載『「かわいい」ゼミナール』にイラスト描かせていただきました!🥀🌸

foxco | 渡邉香織さん(@foxco_kaori)がシェアした投稿 –

最初からイラストレーターとして成功していたわけではなく、会社員として働きつつプライベートの時間で頑張ってイラストを描き、そこから成功のきっかけを掴んだところがいわゆる映画の様なシンデレラストーリーとは異なり親近感がありますよね…!

そして本業の合間にイラストを描いたり、モデルとして活動するなんて普通に考えて大変だと思いますが、それをやり抜く芯の強さも忘れてはいけません。

渡邉香織さんの成功理由は『夢を与えるストーリー』

今の世の中、自分の好きなことを仕事にできている人の方が少ないのではないかと感じます。もっと言えば、会社員の「安定」という言葉の前で不確定な「夢」を追うのって本当に勇気が要りますよね。

渡邉香織さん自身や彼女のイラストが人気なのは、多くの人が嫌だと思っている会社員生活から脱出し、自分の好きなことを仕事にしたサクセスストーリーに憧れたり、勇気づけられる人が多いからではないでしょうか。

テラスハウスの中で「自分のよりもイラストが上手い人はたくさんいるし…」と弱音を吐くシーンもありますが、単純にイラストが上手な人よりも夢に向かって頑張っている姿が目に浮かぶ人の方が応援したくなりますし、イラストにも愛着が湧きますよね。

ちなみにマーケティングの世界では「モノを売るのではなく、ストーリーを売れ」と言われるくらい商品のストーリーを重要視しています。本人は意図していないかもしれませんが、渡邉香織さんの成功理由はまさに”夢を与えるストーリー”ではないでしょうか。

渡邉香織さんの夢を叶える仕事観

dream - テラスハウス 渡邉香織の経歴から見る夢を叶える仕事観

ここからは渡邉香織さんの成功から、好きなことを仕事にするという夢を叶えるためにはどのような仕事観を持てば良いのか考えていきたいと思います。

毎日夢に近づくために行動する

渡邉香織さんは会社員時代から副業としてSNSでイラストの発信を行っていました。

仮に今の仕事がイヤだと思っていても、自分の好きな仕事(夢)のために行動をしなかったら1mmも夢に近づくことは無いし、むしろ時間は残酷にも過ぎていきどんどん夢に挑戦できなくなっていきます。

自分が日々「夢のために行動をしているか?」ということを見つめ直していきたいですね。

今の苦難は成功のためのストーリーだと理解する

夢に向かって努力する過程で当然苦難や現実へ引き戻されるような事もあると思います。そんなときには渡邉香織さんの様に「苦難のストーリーは成功した後に人々を勇気づけるための過程なんだ」ということを思い出してみてください。

僕自身、学生時代にブログで起業した際に最初の数ヶ月はなかなか成果が出せませんでしたが、そのおかげで初心者の方をコンサルする際に成果が出ない辛さを理解したり、励ましたりすることができるのだと感じています。

「苦難は成功までの過程」ということを客観視することが大事だと思います。

自分の活動や想いは発信していく

今はブログやSNSで簡単に自分を発信できるようになりました。

一人で夢に向かって淡々と努力するのはなかなかしんどいですが、SNSで活動や想いを発信することで他者からの反応を得られたり、同じ様な想いを持った仲間に出会えるかもしれません。

また、自分の中に熱い想いがあっても発信しないと他者に気づいてもらえることはないので、最初は反応が得られずとも継続的に自分の活動や想いをアウトプットしていきましょう…!

まとめ <渡邉香織さんの夢を叶える仕事観>

この記事ではテラスハウス出演者の渡邉香織さんのキャリアから「好きな仕事で成功するための仕事観」を以下のように考えてみました。

・毎日夢に近づくために行動する
・今の苦難は成功のためのストーリだと理解する
・自分の活動や想いは発信していく

あなたがもし今の仕事について悩んでいて「好きなことを仕事にして成功したい」と思っているのであれば、小さくてもいいのでできることから始めていきましょう。

PC1台で自由なライフスタイルを実現する無料メルマガ

『ブログ×外注化』で月40万円を稼ぎ、独立起業するための思考や情報を学ぶメールマガジン
無料登録はコチラ
ブログで月40万円を稼ぎ、自由なライフスタイル目指す無料メルマガ
登録はコチラ